Postagens

Junkan

Junkan - [循環]
Álbum : 吉開学17歳(無職)

Cantada por Mao
Composto por Mimegumi Aki
Executado pela SID


Kanji

誰かが笑ってる それはそれで同じさ
特に慣れない手つきで 足をちぎって

どうかしちゃう程の メッキばりの人生
いらないものは知らない それが迷わない

ビビってるその目で 哀れみを求めても
いつもその場しのぎ 消えてく末路

安っぽい顔と 嘘っぽいそのしぐさ
汚物洗い流し 過小評価で

循環ってます。 循環ってます。

遠くにいくもんじゃ 有りません
消えゆく 行方知れずの 恋

「どうか見捨てないでよ」と あんたの腰にすがっても
結局毎回同じ 「さようなら」

笑ってる太陽 どうか焼き付くして おくれ
嫌ってることは 理解っているから しょうがないね
どもってるくせが いつまでもとれない ボクは
終わってる 終わってる 終わってる

循環ってます。 循環ってます。


パパパパ パパラパパ


Romaji

dareka ga waratteru sore wa sore de onaji sa
toku ni narenai tetsuki ashi wo chigitte

douka shichau hodo no mekkibari no jinsei
iranai mono wa shiranai sore ga mayowanai

bibitteru sono me de awaremi wo motomete mo
itsumo sono ba shinogi kieteku matsuro

yasuppoi kao to usoppoi sono shigusa
obutsu arai nagashi kashouhyouka de

mawattemasu. mawattemasu.

tooku ni iku mon ja arimasen
kieyuku yukue shirazu no koi

「douka misutenai de yo」 to anta no koshi ni zugatte mo
kekkyoku maikai onaji 「sayonara」

waratteru taiyou douka yakitsukushite okure
kiratteru koto…

Yoshigai Manabu 17-sai (Mushoku)

Yoshigai Manabu 17-sai (Mushoku) - [吉開学17歳(無職)]
Álbum : 吉開学17歳(無職)

Cantada por Mao
Composto por Mimegumi Aki
Executado pela SID


Kanji

秋葉原に行かなきゃ ラブリーベイベー握手会
パパごめんなさい ママごめんなさい

ひきこもりぎみの僕 小さな勇気を振り絞り
さらってみたいな(照) 育ててみたいな(ハァト)

脳タリン 脳タリン 死ね

今日こそ勇気を出して かわゆいあの子をつけてみよう
パパごめんなさい ママごめんなさい

少年法に基づき 保護されてるから大丈夫
覗いてみたいな(照) 汚してみたいな(ハァト)

脳タリン 脳タリン 死ね

キチガイチックな僕は一人で ナイアンデイ
妄想 虐待 虐待 ナイアンデイ
ロマンチックな君に恋して ナイアンデイ
盗聴 盗撮 排泄 排泄 排泄 ナイアンデイ

脳タリン 脳タリン 死ね

キチガイチックな僕は一人で ナイアンデイ
妄想 虐待 虐待 ナイアンデイ
ロマンチックな君に恋して ナイアンデイ
盗聴 盗撮 排泄 排泄 排泄 排泄 排泄

キチガイチックな僕は一人で ナイアンデイ
妄想 虐待 虐待 ナイアンデイ
ロマンチックな君に恋して ナイアンデイ
盗聴 盗撮 排泄 排泄 排泄 ナイアンデイ
吉開学17歳 (無職)

秋葉原に行かなきゃ ラブリーベイベー握手会
パパごめんなさい ママごめんなさい

ひきこもりぎみの僕 小さな勇気を振り絞り
さらってみたいな(照) 育ててみたいな(ハァト)

脳タリン 脳タリン 死ね

今日こそ勇気を出して かわゆいあの子をつけてみよう
パパごめんなさい ママごめんなさい

少年法に基づき 保護されてるから大丈夫
覗いてみたいな(照) 汚してみたいな(ハァト)

脳タリン 脳タリン 死ね

キチガイチックな僕は一人で ナイアンデイ
妄想 虐待 虐待 ナイアンデイ
ロマンチックな君に恋して ナイアンデイ
盗聴 盗撮 排泄 排泄 排泄 ナイアンデイ

脳タリン 脳タリン 死ね

キチガイチックな僕は一人で ナイアンデイ
妄想 虐待 虐待 ナイアンデイ
ロマンチックな君に恋して ナイアンデイ
盗聴 盗撮 排泄 排泄 排泄 排泄 排泄

キチガイチックな僕は一人で ナイアンデイ
妄想 虐待 虐待 ナイアンデイ
ロマ…

Noirowose party

Noirowose party ~ 
Álbum : Ryutsuu-ban

Cantada por Mao
Composto por Mimegumi Aki
Executado pela SID


Kanji

木曜日に出した ゴミが気になって眠れない 明け方
浴槽に浮かべて 嘘だ本当だ並べても しかたない
嫌だ 嫌だ 耳の奥 かきむしる声
当然 当然 僕のことは僕だけにしか わからないでしょ?

火の無いところにたつ 煙が気になって足元 ふらつく
信じる者すべて 救ってくれる筈もない 神様
嫌だ 嫌だ 耳の奥 かきむしる声
当然 当然 僕のことは 僕だけで
最低 最低 大事にしたいものがある
問題 問題 油断すれば白が黒 明日は我が身です

鼻歌一つパアティー 地下室とさよなら
何回でもキスしたくなるような 今夜 月灯り綺麗です 


Romaji

mokuyoubi ni dashita gomi ga ki ni natte nemurenai akegata
yokusou ni fukabete uso da hontou da narabete mo shikata nai
iya da iya da mimi no oku kakimushiru koe
touzen touzen boku no koto wa boku dake ni shika wakaranai deshou?

hi no nai tokoro ni tatsu kemuri ga ki ni natta ashimoto furatsuku
shinjirumono subete sukutte kureru hazu mo nai kami-sama
iya da iya da mimi no oku kakimushiru koe
touzen touzen boku no koto wa boku dake de
saitei saitei daiji ni shitai mono ga aru
mondai mondai yudan sureba shiro ga kuro asu wa wagami desu

hanauta hitotsu PARTY chikashitsu to sayonara
nankai demo KISS shitaku naru you na konya tsukiakari kirei desu


Tr…

Watashi wa Ame

Watashi wa Ame ~ 
Álbum : Ryutsuu-ban

Cantada por Mao
Composto por Shinji
Executado pela SID


Kanji

ねぇ 四つ葉を探す子供みたいに 似た人を眼で追う
居る筈もないのに バカね 天神の街は今日も廻る
私一人居なくても 誰にも気付かれず 嗚呼

雨のち晴れのち曇りのち雨 天気予報は今日もはずれた
最後になるけど どうもありがとう 言えなかった言葉だけ

ねぇ 一人訪れた百道浜の 風が心地よくて
私は雨模様 ほろり こぼれた思い出達集めて
波にまかせてみる 一つも流れない 嗚呼

雨のち晴れのち曇りのち雨 天気予報は今日もはずれた
最後になるけど どうもありがとう 言えなかった言葉だけ
残して 私 もう 行きます

忘れられない 忘れられない そんな人だから
呑めないお酒 今日は酔えない だからお願いバーボン下さい
捨てネコみたい 捨てネコみたい 帰る場所なんてないの
朝が来たら迎えに来てね そばに置いてくれるだけでいいの

それだけでいいの

雨のち晴れのち曇りのち雨 天気予報は今日もはずれた
最後になるけど どうもありがとう 言えなかった言葉だけ
残して 私 もう 逝きます

忘れられない 忘れられない そんな人だから
呑めないお酒 今日は酔えない だからお願いバーボンおかわり
捨てネコみたい 捨てネコみたい 帰る場所なんてないの
朝が来たら迎えに来てね そばに置いてくれるだけでいいの

それだけでいいの それだけでいいの

Romaji

ne yotsuba wo sagasu kodomo mitai ni nita hito wo me de ou
iru hazu mo nai noni baka ne tenjin no machi wa kyou mo mawaru
watashi hitori inakute mo dare ni mo kizukarezu aa

ame nochi hare nochi kumori nochi ame tenki yohou wa kyou mo hazureta
saigo ni naru kedo doumo arigatou ienakatta kotoba dake

ne hitori otozureta Momochihama no kaze ga kokochi yokute

Ao

Ao ~ 
Álbum : Ryutsuu-ban

Cantada por Mao
Composto por Mimegumi Aki
Executado pela SID


Kanji

行き交う人で賑わう 親不孝通りは 初夏の風
短い夏を知らせた 眩しくて 怖くて 目を伏せた

最初からわかっていたけど 今頃 大粒の 痛い雨

守り通した嘘なら 本当は静かに 閉じておこう
手を振る彼に重ねた ひび割れた ビー玉 霞む 青

最後まで言えなかったけど 今頃 大粒の 痛い雨
少女にとってひと夏の恋

彼が 背中が 小さくなる

ちょっと待ってよ 止めたら許せますか?
泣けば泣くほど 惨めですね 罪な女の 最後です
噂\が届きました それを花火で燃やしました
忘れることが 罪だから


Romaji

Yukikau hito de nigiwau  oyafukou doori wa  shoka no kaze
Mijikai natsu wo shiraseta  mabushikute  kowakute  me wo fuseta

Saisho kara wakatteita kedo  imagoro  ootsubu no  itai ame

Mamoridooshita uso nara  hontou wa shizuka ni  tojite okou
Te wo furu kare ni kasaneta  hibiwareta  biidama  kasumu  ao

Saigo made ienakatta kedo  imagoro  ootsubu no  itai ame
Shoujo ni totte hitonatsu no koi

Kare ga  senaka ga  chiisaku naru

Chotto matte yo  tometara yurusemasuka?
Nakeba naku hodo  mijime desu ne  tsumi na onna no  saigo desu
Uwasa ga todokimashita  sore wo hanabi de moyashimashita
Wasureru koto ga  batsu dakara

Mamoridooshita uso nara  hontou wa shizuka ni  tojite oko…

PATiPATi 2007.05 - Mao - Hitofudegaki no Bigaku #1

Imagem
PATiPATi 2007.05 - Mao - Hitofudegaki no Bigaku #1 Tema deste mês-------------- "Mao"


Então. Começou. Há muito tempo eu venho pensando em tentar pegar uma coluna serializada nesta revista, e finalmente, isso se tornou realidade. Além do mais, eu basicamente tenho andado interessado em escrever ultimamente, e por isso quando recebi uma oferta para escrever essa coluna mensal aceitei prontamente.
Então, primeiro eu tive que escolher um título, coisa que me deu trabalho. Depois, enquanto eu lia meus diários antigos, esse título me veio a cabeça. Porque o que eu pensei enquanto os lia era "que escrita mais desconexa" (risos) Eu vejo isso como algo positivo. Porque eu sou do tipo que vai rabiscando e colocando no papel os sentimentos todos de uma vez só. Exceto quando a estrutura está terrivelmente ruim, eu faço o máximo pra não reler. ( risos) Pra começar nem sou escritor, e nem aprendi a escrever apropriadamente e além de tudo, também não consigo ler livros. A única co…

[SCANS] ID-S MAGAZINE VOL 1 INVERNO\2008

Imagem